DAIDA DESIGN STUDIO

N.SQUARE
N.SQUARE

すすきの地区に建つ飲食店テナントビルである。計画地は比較的人通りの少ない中通りに面し、駅前通りから20mほど進んだ場所にある。幅員の狭い道路であるため、斜線制限による壁面後退も必要で、いかにビルの存在を表出させられるかが大きなテーマとなった。天空率によるボリューム検討と通常の斜線制限下のボリュームを比較し、より賃料が高く確保できる下層階に大きな面積を確保できる後者を選択した。

このボリュームはセットバックが必要なため、セットバックを階段状の観客席に見立て、前面に大型膜スクリーンを工作物として設置、4台の高性能プロジェクターで様々なコンテンツを投影する計画とした。この膜によるスクリーンは、投影面と透過した裏面(道路側)でも視認でき、2階から4階のLEDのサイネージと共に街路にアクティビティを与えている。

通常、テナントビルでは共用部に面積を割いてビルを豊かにしていくという手法は事業者の理解を得る事は難しいが、このような天空に放たれた共用部には面積が発生しないため、大きな可能性を秘めていると感じている。

竣工年月:2021年1月
建設地:札幌市
構造:鉄骨造
規模:地上8階地下1階
延床面積:2,631.44m2
構造設計:安藤耕作構造計画事務所
設備設計:共同設備企画事務所
施工:新太平洋建設株式会社
撮影:KEN五島

Copyright-DAIDA DESIGN STUDIO Co.inc All rights reserved

PA
    ]GE TOP